SEO(検索エンジン最適化)を実戦する上で

Written by admin

良くリンクで見かけるのが、会社名や屋号をリンクに用いているのを見かけます。
これって有効なのでしょうか?
何故なら一般ユーザー(検索エンジンで検索を行う方)は社名も屋号も知らないからです。

ご自身の取り扱っているジャンルや商品(カテゴリ)等がリンクに用いるのが一般的です。
それは、一般ユーザーがキーワードとして検索するからです。

従って、リンク文字(アンカーテキスト)を決めるには重要と成ります。
アンカー文が決まったとします、ではそのアンカー文は自サイト内に記載されて居る事が必須条件と成ります。
外部リンクも当然常用ですが、一番は自サイト内の整備が最も重要です。

この様な個所を特に注意しましょう
<head>
<title>キーワードを含めたタイトルが望ましいですね</title>
<meta name=”keywords” content=”キーワード,半角カンマ,括ります,最大で10個,” />
<meta name=”description” content=”紹介文は全角100文字以内で要点を集約した語句が良いですね” />
</head>
<body>
<h1>見出しにも1キーワードは含みたいですね</h1>
<p>サイト内の説明や紹介文内にもキーワードと成る語句をちりばめて記述させます。</p>
</body>

Googleの技術進化は優れています、不要な文字が有っても確実にキーワード語句を反映してくれます。
従って過剰なキーワード語句は不必要です。多すぎるとマイナス要因と成ります、注意して下さい。

キーワードと成る語句の数は、そのサイトの取り扱い品目によりかなり異なって来るはずです。
一般ユーザーの立場に成ってご思案する事をお勧め致します。

10月
15